/

終戦の日、与野党が談話

国会議事堂

与野党は15日の終戦の日にあわせて談話や声明を発表した。

自民党 二度と戦争の惨禍が繰り返されぬよう、改めて不戦の決意をする。日本をとりまく安全保障環境は厳しさを増す。多くの国や地域との協力関係をさらに深化させ、インド太平洋やアジア諸国、世界の平和と安定のため、不断の努力を続けていく。

公明党 核兵器禁止条約を高く評価する。締約国会合への日本政府のオブザーバー参加を強く求める。新型コロナウイルスの世界的大流行の試練を克服し、世界の平和と人類の繁栄に貢献する国づくりにまい進していく。

立憲民主党 戦後、憲法にのっとり歩んできた平和と繁栄の道を堅持していく。自公政権は不当な憲法解釈変更による集団的自衛権の容認など立憲主義、平和主義を脅かすような動きを強めており、このような流れは断ち切らなければならない。

共産党 軍拡競争の悪循環に陥ってはならない。米国であれ中国であれ、覇権主義の行動に対して外交努力を尽くすことを求める。

日本維新の会 安全保障環境は一層厳しさを増している。普遍的価値観を共有する国・地域と力を合わせ、国際緊張の緩和に努める。

国民民主党 空襲被害者の救済など、長年にわたり置き去りにされてきた課題を速やかに解決するためにあらゆる努力を重ねる。

社民党 再び戦争の時代を招来させないよう努め、後世に継承していくことが私たちの責務だ。

NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で 戦争被爆国として、被爆の実相を語り継ぐことが何よりも大切だ。

れいわ新選組 いまだ果たされていない空襲被害者への賠償、原爆被害者の全員救済を求める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン