/

この記事は会員限定です

経常黒字、20年度3.8%減 経常収支の不均衡は拡大へ

[有料会員限定]

財務省は13日、2020年度の経常黒字が18兆2038億円と19年度比で3.8%減にとどまったと発表した。黒字が6割減った米リーマン危機時とは様相が異なる。一方、海外では米国が積極的な財政出動により経常赤字を一段と拡大させる公算が大きい。経常収支の不均衡は21年に一段と拡大する見通しで、経済ショック時に負の影響が大きくなると懸念する声もある。

リーマン危機のあった08年度は日本の経常黒字は07年度...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り466文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン