/

この記事は会員限定です

厚労次官に吉田氏 政府コロナ対策室長から起用

[有料会員限定]

厚生労働省は樽見英樹事務次官(61)が退任し、後任に内閣官房の吉田学新型コロナウイルス感染症対策推進室長(59)を充てる人事を固めた。コロナの新規感染者数が減少傾向にあり、9月30日となっている緊急事態宣言の期限を踏まえて発令する。

吉田氏は厚労省で子ども家庭局長や医政局長を歴任し、直近は内閣官房で政府のコロナ対策のとりまとめにあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り163文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン