/

この記事は会員限定です

スマホでの確定申告簡単に 源泉徴収票を自動記載

国税庁、デジタル庁と連携

[有料会員限定]

政府は所得税の確定申告を巡り、スマートフォンのカメラで源泉徴収票を読み取ることで、必要項目を自動で記載できるシステムを導入する。すでに企業と開発に着手しており、2022年1月にも運用を始める。納税のデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めて申告の手間を省き、インターネットで手続きしやすい環境を整える。

確定申告は会社員や個人事業主が年間の所得税額を確定させる作業で、毎年2000万人超が届け出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り576文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン