/

ハンドドライヤー「利用停止」見直し 経団連が指針改訂

経団連は感染予防の指針改訂で、ハンドドライヤーの利用停止の記述を削除した

経団連は13日、新型コロナウイルス感染予防の指針を改訂し、トイレなどで手を乾かすために使うハンドドライヤーの利用停止の記述を削除した。研究機関の実験などで感染リスクが低いことを確認した。指針の対象となるオフィスや工場だけでなく、商業施設などの業界団体も経団連の指針を参考にしており、利用再開が広がる可能性もある。

経団連は昨年5月、新型コロナの感染予防の指針で、専門家の意見を踏まえハンドドライヤーの利用停止を盛り込んでいた。改訂後の指針では「(トイレの)使用頻度が高い場合は清掃を1日複数回行う」「ハンドドライヤー設備は定期的に清掃する」などの注意点を明記し、利用停止の記述を削った。

水滴や細かい飛沫を通じて感染を広げる可能性が懸念されていたが、複数の検証実験を通じて問題ないとの結論を得たという。諸外国ではハンドドライヤーが広く使われ、手を乾かして感染を防ぐため、むしろ利用が推奨されている実態なども考慮した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン