/

コロナ・インフル同時流行に備え 遠隔診療など政府発表

政府は13日、新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの同時流行に備える対策を発表した。重症化リスクが低い人には発熱時にコロナの自己検査をしてもらい、陰性で受診を希望する場合はオンライン診療やかかりつけ医の受診を促す。患者の急増で発熱外来が逼迫するのを防ぎ、重症化リスクが高い人の医療を優先するのが狙い。

政府は同時流行した場合のピーク時には1日75万人の患者が発生する可能性もあると想定し、感染急増時でも医療提供体制を維持できるようにする。

13日に政府が開いた新型コロナ感染症対策分科会で、加藤勝信厚生労働相は「重症化リスクのある高齢者らを守ることに重点を置く」と強調した。

政府がまとめた対応策では、同時流行した場合に重症化リスクの高い小学生以下の子ども、妊婦、高齢者らは発熱時に発熱外来などを受診するよう促す。それ以外の人は検査キットを使って自分で検査し、陽性の場合は自治体の健康フォローアップセンターに登録するよう勧める。

分科会の尾身茂会長は会合後の記者会見で、新型コロナだけでも感染者が急増する可能性があるとの見方を示した。厳しい行動制限を課す緊急事態宣言などが難しくなっていることも指摘したうえで「実効性の高い措置としてどのようなことが考えられるのか検討すべきだ」と述べた。

分科会では国民にさらなる協力を求める手法を検討することで合意したことも明らかにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません