/

この記事は会員限定です

官房長官、拉致問題で新潟視察 米朝会談から3年

(更新) [有料会員限定]

松野博一官房長官は14日、新潟市で北朝鮮による日本人拉致問題に関する集会に参加した。内閣の司令塔である官房長官が拉致問題担当相を兼ね、最重要課題に位置づけて臨む。2018年の米朝首脳会談から3年あまりがすぎ、環境は険しさを増す。

松野氏は新潟県などが催す集会に出席し「拉致被害者やご家族が高齢になるなか一刻の猶予もない。あらゆるチャンスを逃すことなく全力で取り組む」と強調した。

これに先立ち、横田め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り678文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン