/

処理水放出「もっと早くやれれば」 麻生財務相

政府が13日、東京電力福島第1原子力発電所の処理水の海洋放出を決めたことを受け、関係閣僚から発言が相次いだ。麻生太郎財務相は閣議後の記者会見で「科学的根拠に基づいて、もっと早くやったら(良い)と思っていた」と述べた。

処理水のトリチウム(三重水素)濃度に関して麻生氏は「中国や韓国(の原発)が海に放出しているもの以下だ」との認識を示した。「あの水を飲んでもなんていうことはない」とも指摘した。

梶山弘志経済産業相は記者会見で「福島をはじめ被災地の皆様が風評への懸念を持っていることは強く認識している」とした上で、「科学的根拠に基づく情報発信や風評被害が生じた場合の賠償など総合的な支援をする」と話した。

対策として、国際機関や地元自治体など第三者による監視を伴う処理水についての情報発信や、周辺の漁獲量を増やすための設備装置の導入、販路開拓支援などを挙げた。

野上浩太郎農相も「首相との会談で漁業者から求められた点を考慮して、漁業者はじめ国民の皆様に処理水の安全性や処分方法などを周知し、風評を生じさせないための最大限の努力をおこなう」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン