/

この記事は会員限定です

ワクチン証明、仏など十数カ国と交渉 米中は原則対象外

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

政府は26日に申請の受け付けを始める新型コロナウイルスワクチンの接種証明書を巡り、証明書を持っていれば入国しやすくなるよう各国との交渉を加速する。フランスやイタリアなど十数カ国を想定し、証明書の保有者が入国時の隔離免除などで優遇されるよう働きかける。

交渉対象は接種を証明できれば入国制限を緩和する仕組みの国に限り、日本の接種証明書を認めるよう促す。緩和要件に外国の接種証明書を原則採用していない米国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1151文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン