/

余ったワクチンを一部廃棄 高齢者接種の初日

河野太郎規制改革相は13日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの高齢者向け接種が始まった12日に、余ったワクチンが一部廃棄されたと明らかにした。「打つ予定の方がいないということは想定される。廃棄されないよう現場で対応していただきたい」と語った。

河野氏は接種する代わりの高齢者が見つからない場合、高齢者以外に打つのも認められると説明して柔軟な対応を求めた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン