/

この記事は会員限定です

コロナ対策、病院に8兆円 無駄排除へ実態検証欠かせず

[有料会員限定]

財務省は13日、新型コロナウイルス対応の医療体制強化に16兆円の国費が支出されたとの集計を公表した。うち5割の8兆円は医療機関の支援だった。コロナ対策では病床確保の補助金を受け取りながら患者を受け入れない「幽霊病床」の問題が浮上した。予算の無駄をなくすためには経営実態の解明が欠かせない。

財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の分科会で示した。分科会の増田寛也会長代理は記者会見で「これまで経営状況...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り740文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン