/

この記事は会員限定です

ノーマスクの日いつ 同時流行懸念、機会逸した政府

スレヴィン大浜華

[有料会員限定]

「マスク着用は基本的に屋外では不要、屋内でも一定の要件を満たせば必ずしも必要ない。こういったことをしっかり発信していきたい」。加藤勝信厚生労働相はマスクの着用ルールについて11日の記者会見でこう強調した。

ここ数週間ほど霞が関ではマスクをめぐるやりとりが増えている。きっかけは9月にあった2つの国葬だ。

英国では女王エリザベス2世の国葬が執り行われ、マスクをせずに参列する各国首脳や沿道の市民の姿が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り784文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

霞が関ノート

霞が関を日々取材する記者たちが政策づくりの現場の息づかいを伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません