/

第4のコロナ薬「抗体カクテル療法」を19日審議 厚労省

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

厚生労働省は12日、中外製薬が製造販売承認を申請している新型コロナウイルス向け治療薬候補について19日の専門部会で審議すると発表した。審査を簡略化する「特例承認」の可否を判断する。2つの抗体医薬品を組み合わせる「抗体カクテル療法」と呼ばれ、主に軽症や中等症の患者への使用を想定する。

承認されれば、国内4つ目のコロナ治療薬となる。これまでの抗ウイルス薬「レムデシビル」、抗炎症剤「デキサメタゾン」、リウマチ薬「バリシチニブ」は別疾患薬の転用だが、今回はコロナ用に開発した。

中和抗体「カシリビマブ」と「イムデビマブ」を組み合わせ、点滴で投与する。米リジェネロン・ファーマシューティカルズと中外製薬の親会社スイス・ロシュが共同開発した。米国では緊急使用許可を得て使用されている。海外の臨床試験(治験)では入院や死亡のリスクを7割下げる効果があったとされる。

海外治験に一部日本人の結果を加え、中外製薬が6月、厚労省に特例承認を希望して申請していた。同社は5月、日本政府と安定供給で合意済み。2021年分の確保で合意したという。

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン