/

自衛隊が豪軍艦艇を防護 米軍以外で初

防衛省は12日、海上自衛隊がオーストラリア軍の艦艇に「武器等防護」を初めて実施したと発表した。同盟国である米国以外の艦艇を自衛隊が警護した初めての事例となる。中国の軍事力強化を念頭に豪州との安全保障協力を深める。

四国南方海域で10~12日に実施した日豪共同訓練で適用した。海自の護衛艦「いなづま」が豪軍の要請を受け、豪海軍のフリゲート艦「ワラマンガ」を防護した。

武器等防護は2015年成立の安全保障関連法に自衛隊の新たな任務として規定した。外国軍の艦艇や戦闘機が平時の活動として訓練などに従事する際、自衛隊が警護できるようになった。米軍には20年に過去最多の25件を実施した。

日豪両政府は20年10月の防衛相会談で、武器等防護の実施に向けた調整を始めると合意した。今年6月の日豪外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)で豪州を対象に加えると決めた。

政治・外交 最新情報はこちら
Twitterで最新情報を発信

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン