/

首相「米価下落で特別枠活用」 JA全中会長と面会

岸田文雄首相は12日、首相官邸で全国農業協同組合中央会(JA全中)の中家徹会長と会った。新型コロナウイルス禍での外食需要の停滞などによる米価下落を「深刻な課題だ」と話した。「特別枠を活用することで販売支援をしっかり行う」と言及した。

首相は11日の衆院本会議で「需要減に対応する15万㌧の特別枠を新たに設ける」と言明していた。特別枠を設定してコメの保管経費などを補助する支援策を想定する。中家氏との面会で農家の所得向上に向けた取り組みにも意欲を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン