/

上海でスパイ罪の邦人帰国

12日、中国・上海の刑務所を出る日本人女性を乗せたとみられる車両=共同

【上海=共同】中国上海市で拘束され、スパイ罪で懲役6年の実刑判決を受けた60代の日本人女性が12日、刑期満了で出所し、帰国した。日本の外務省が明らかにした。中国で2015年以降に相次いだ邦人拘束を巡り、有罪判決を受けて帰国したのは3人目。

女性が罪に問われた行為の詳細は明らかになっていない。関係者によると、上海の女性刑務所で服役していた。12日午後、成田空港に到着した。

女性は15年6月、スパイ活動を取り締まる国家安全省に拘束され、同11月に逮捕された。当時は、東京都新宿区の日本語学校幹部だった。中国出身で日本国籍を取得しており、頻繁に中国を訪れていたという。

上海市の中級人民法院(地裁)は18年12月、懲役6年と5万元(約85万円)没収の判決を女性に言い渡した。服役後の国外退去も命じた。

習近平(シー・ジンピン)指導部は14年以降「反スパイ法」や「国家安全法」を制定。外国人への監視を強め、安全保障への脅威とみなす対象を徹底的に取り締まっている。

スパイ行為などに関わったとして15年以降に拘束された邦人は15人に上る。これまでに少なくとも10人が起訴され、9人は懲役3~15年の実刑判決を受けた。残る1人は公判中。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン