/

ワクチン供給量の公表「事前合意が条件」 河野氏

記者会見する河野氏=共同

河野太郎規制改革相は12日、自身のブログで新型コロナウイルスワクチンの契約に言及した。「ファイザー社もモデルナ社も日本政府がワクチンに関する情報を公表する時は必ず事前に合意の上で行うという条件をつけている」と強調した。

モデルナ製の6月までの供給量が契約当初の4000万回から1370万回に変更になったことを6日まで公表しなかった点に批判が出ていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン