/

この記事は会員限定です

外国人支援に浮かぶデータ不足の罪

中村 結

[有料会員限定]

田んぼや畑が一面に広がる千葉県北部。6月16日、厚生労働省外国人雇用対策課の石津克己課長はベトナム人支援団体の代表と当地農協を訪ねた。「ハローワークに求人を出しませんか」。外国人を雇ってもらうための〝営業〟だ。

新型コロナウイルス禍で、実習を続けられず帰国もできないといった技能実習生などは多い。政府はこうした外国人向けに就労可能な在留資格を特例で認めている。ただそれだけでは実際の雇用に結びつかない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1211文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの裏側や隠れた視点、次の展開を読む動きを紹介するコラムです。原則、週初に公開します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン