/

この記事は会員限定です

特許の公開制限、経済安保法案に 自民・甘利明幹事長

衆院選「与党で安定多数」

[有料会員限定]

自民党の甘利明幹事長は12日、党本部で日本経済新聞のインタビューに答えた。政府が2022年の通常国会に提出をめざす経済安全保障の推進法案に公開を制限できる特許のしくみを明記すべきだと述べた。衆院選の目標は与党で安定多数の議席確保との認識を示した。主な発言は以下の通り。

――経済安保の法案に何を盛り込むべきですか。

技術の優位性確保に関して特許法は障害になる危険性がある。いまは特許を取得したら公開す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1458文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

衆院選2021

第49回衆議院選挙は10月19日公示され、31日の投開票に向けて選挙戦が続いています。総定数465議席に1051人が立候補。新型コロナや経済への対策が主な争点で、岸田文雄政権の信任を問います。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン