/

この記事は会員限定です

自民・古屋圭司氏「国民投票、次期衆院選までに」

憲法改正を聞く①党憲法改正実現本部長

[有料会員限定]

憲法改正実現本部長への就任が2021年11月に決まった後に岸田文雄首相と今後の方針を話し合った。一致したのはまず「憲法審査会が主戦場」という認識だ。党は世論啓発の取り組みを徹底する必要がある。

自民党として複数のチャンネルを使って憲法改正の実現をめざす。実現本部での全国的な世論の啓発、憲法審での議論の促進、そして他党との連携だ。

一部の野党は夏の参院選と同時に国民投票を実施すべきだと主張している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り894文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン