/

3回目接種、首相「全額公費負担」 衆院代表質問

(更新)

岸田文雄首相は12日、衆院本会議の代表質問で新型コロナウイルスワクチンの3回目の追加接種(ブースター接種)を「全額公費負担でする」と明言した。12月にも始める。「円滑な実施に万全を期す」とも述べた。公明党の石井啓一幹事長への答弁。

ワクチンは2回目までの接種は無償で受けられる。接種に必要な国の支出は膨らんでいるため有料になるとの見方もあった。

首相はこれに先立つ参院本会議の代表質問で、ブースター接種について「早ければ12月からの開始を想定して準備を進める」と話した。現在のコロナワクチンの接種回数は1億7000万回を上回る。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン