/

公明代表「菅政権支えて衆院選臨む」

講演する公明党の山口那津男代表(12日、都内)

公明党の山口那津男代表は12日、都内で講演した。秋までにある次期衆院選について「しっかり菅(義偉)政権を支えて選挙に臨みたい」と語った。

「ひとたび与党で首相を選んだ以上、その首相をしっかり支え国民の期待に応えられるようにしていく基本で揺るぎない」と強調した。

衆院解散・総選挙の時期に関しては「首相の専権事項だ。いつが望ましいとか、望ましくないとかは申し上げない」と述べるにとどめた。

9月末の任期満了に伴う自民党総裁選を巡っても「自民党のルールで予定されている。自民党としてお決めになることだ」と踏み込まなかった。「公明党が意見を申し上げることはない」と話した。

山口氏は6日の記者会見で衆院解散・総選挙の時期を巡り「遅い方が望ましいと言えるかもしれない」と主張した。5日のBS日テレ番組では総裁選後の方が「望ましいかもしれない」と言及した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン