/

この記事は会員限定です

首相、お盆は危機管理 コロナ・大雨・・・勤務短縮で対処

[有料会員限定]

菅義偉首相はお盆期間中も勤務時間を短縮しながら危機管理にあたる。新型コロナウイルスの感染が広がり、九州・中国地方を中心に大雨の影響が出ている。首相秘書官らは休暇を取るよう進言するが、夏休みモードに入った12、13日はいつもより遅く出勤して対応した。

首相は平日は午前8時ごろに首相官邸に入り、敷地内を散歩するのを日課としている。12日は遅めの午前11時過ぎに首相官邸に到着した。夕方に厚生労働省の幹...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り373文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン