/

デジタル庁、先行採用30人に辞令 民間出身

ビデオメッセージで訓示を述べた平井デジタル相(12日、東京都港区)

政府は12日、デジタル庁の9月発足に向け民間から先行採用した職員30人ほどに辞令を交付した。平井卓也デジタル改革相はビデオメッセージで「設計図がないところに全く新しい組織をつくる。力を発揮してほしい」と訓示を述べた。

先行採用者は内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室に所属する。デジタル庁が発足し次第、同庁に移る。エンジニアを中心に非常勤として採用し、一部は兼業・副業も含む。

デジタル庁は非常勤職員を含め500人規模の組織にする。省庁の事務次官にあたる特別職の「デジタル監」ら2割を民間から登用する。先行採用はおよそ1400人の応募があった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン