/

この記事は会員限定です

菅首相、連日の中国名指し批判 サミットでG7結束促す

[有料会員限定]

【コーンウォール(英南西部)=三木理恵子】菅義偉首相は主要7カ国首脳会議(G7サミット)で中国について連日名指しで批判した。東・南シナ海での中国の活動や経済政策などを巡り、11、12両日の会議で取り上げた。13日も中国を巡る議論で発言する見通しだ。

首相は2日目の12日午前の討議で「東・南シナ海における一方的な行動や人権状況、不公正な経済活動はG7の価値観とは相いれない」と中国への懸念を強調した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り476文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン