/

鈴木財務相、安倍元首相の銃撃「警備態勢に不備」

鈴木俊一財務相は12日の閣議後の記者会見で、安倍晋三元首相が街頭演説中に銃撃された際の警備態勢に関して「悲惨な結末になってしまったということは、不備があったと言わざるを得ない」と述べた。「しっかり検証し、改めるところをしっかり改めてもらいたい」と語った。

萩生田光一経済産業相は記者会見で安倍氏について「地方議員だった私を国政に導いてくれた恩人で、政治家として尊敬していた。かけがえのない人だった」と語った。萩生田氏は自民党の安倍派に所属する。文部科学相や官房副長官として首相だった安倍氏を支えた。

萩生田氏は「ここのところゴルフを3回ぐらい誘われていたのを断ってしまい、すごく後悔している。『経産相で忙しいから』と言って二人で大笑いした」という。安倍氏からは「立場が逆になっちゃったね」と言われたという。

萩生田氏は「もっといろんなことを教えていただきたかった」と振り返った。そのうえで「長い間一緒に外交に携わってきた。レガシーとして受け継ぎたい。それを国益につなげることが閣僚としての私の役目だ。志を継いで頑張りたい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

2022年7月8日午前11時半ごろ、奈良市の近鉄大和西大寺駅近くの路上で発生した安倍晋三元首相銃撃に関する最新ニュースや速報をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン