/

この記事は会員限定です

G7、対中国が軸に 本格的な共同宣言を3年ぶり採択へ

(更新) [有料会員限定]

【コーンウォール(英南西部)=三木理恵子】主要7カ国首脳会議(G7サミット)は3年ぶりに本格的な共同宣言を採択する。トランプ前米政権の下で機能不全に陥ったG7だが、結束立て直しの軸として浮かび上がったのが中国への対抗だ。宣言では経済から安全保障・外交まで幅広い分野で合意をめざすが、いずれも中国を強く意識した内容になる見通しだ。

今回のサミットは「より良い再建(Build Back Better)」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2137文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン