/

この記事は会員限定です

政府、グーグル・アップル調査へ スマホOSめぐり

[有料会員限定]

政府はスマートフォンに搭載する基本ソフト(OS)を巡り、公正な競争を阻害する取引がないか調査を始める。日本のOS市場では米アップルと米グーグルのシェアが9割以上に達する。携帯端末メーカーなどとの取引の実態を調べ、問題が明らかになれば独占禁止法などの規制強化も検討する。

デジタル市場の競争環境を議論する政府のデジタル市場競争会議が主体となる。月内にも有識者による作業部会で議論を始める。海外の事例も含...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り609文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン