/

内閣不信任案、5月中は出さず 立民・安住氏

立憲民主党の安住淳国会対策委員長は12日、菅義偉内閣への不信任決議案を5月中には提出しない方針を表明した。枝野幸男代表の10日の「現状では提出できない」との発言に補足した。

安住氏は国会内で記者団に、不信任案について「31日の緊急事態(宣言の期限)の中では様子を見たい」と述べた。「6月以降はまったくニュートラル」として、6月以降は提出する可能性があると説明した。

枝野氏も同じ認識だという。安住氏は新型コロナウイルスの感染拡大の中で政府が東京五輪を開催した場合などに「阻止する手段はある。それ(不信任案)を封じることはまったくない」と強調した。

不信任案を巡り、枝野氏は「現状で衆院選ができるとは思っていない。提出したら(与党側が)衆院解散すると明言しているので、提出できない」と話していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン