/

この記事は会員限定です

国会日程、政権の苦境映す 補正予算の審議長引く恐れ

[有料会員限定]

今国会は12月10日の会期末まで1カ月を切った。2022年度第2次補正予算案や世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の被害者救済に関する新法など課題は山積する。閣僚の相次ぐ更迭で野党は勢いづく。日程が窮屈になるほど法案成立へ野党との妥協を余儀なくされる。

選択肢が狭まってきた政治日程は岸田政権の苦境を映す。

東南アジア訪問中の岸田文雄首相が帰国するのは19日。その後の国会日程は綱渡りだ。首相が葉梨康...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1187文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません