/

この記事は会員限定です

尖閣の日米安保適用、バイデン氏から主張 首相明かす

[有料会員限定]

菅義偉首相は12日放送のラジオ番組で、首脳会談より前に臨んだバイデン米大統領との電話協議の内容を明かした。沖縄県・尖閣諸島への日米安全保障条約5条の適用を米側から打診したと述べた。「米国の首脳から言ってもらうのは普通2~3年かかる。日本をものすごく研究していると思った」と語った。

日米首脳は4月にワシントンで初の対面会談...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り157文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン