/

3回目ワクチン、混合接種を推奨 厚労相

後藤茂之厚生労働相は12日のフジテレビ番組で、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を巡り、2回目までと異なるワクチンを用いる「混合接種」を推奨する考えを示した。「選択の余地は国民にはあるが、混合接種をいずれかのワクチンでおすすめしたい」と述べた。

3回目接種を巡っては米ファイザー社製だけが承認されており、12月中旬にも米モデルナ製が承認される予定だ。2回目までに接種した人の比率はファイザーが大半を占めている。3回目で提供されるワクチンの配分割合はファイザー製とモデルナ製で6対4程度の見通しで、ファイザーを接種した人が3回目の接種でモデルナを接種するケースが多くなるとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン