/

潜水艦が接続水域航行 防衛省、中国と推定

防衛省は12日、鹿児島県奄美大島東側の接続水域で10日午前に潜水艦が潜ったまま航行したのを確認したと発表した。近くで中国のミサイル駆逐艦が航行していたため、潜水艦が中国のものだと推定した。領海への侵入はなかったとしている。

潜水艦は12日午前も鹿児島県横当島の付近で、接続水域の外を航行した。

岸信夫防衛相は「緊張感を持って情報収集、警戒監視に万全を期すこと」と指示した。海上自衛隊の哨戒機や護衛艦が対応した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン