/

この記事は会員限定です

デジタル行政、背水の陣 給付迅速化や押印廃止

関連法成立、システム5年で統一

[有料会員限定]

菅政権の看板政策「行政のデジタル化」を推進する関連6法が12日、成立した。公的な給付金の円滑な受け取りや行政手続きの押印廃止につながる。政府と地方のシステムは5年かけて統一する。新型コロナウイルス対応でデジタル化の遅れに直面する政府は背水の陣で立て直しをめざす。

菅義偉首相は12日夜、首相官邸で記者団に「長年の懸案だったデジタル化に大きな歩みになる」と語った。「誰もがデジタル化の恩恵を受けられる社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り909文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン