/

この記事は会員限定です

「1.5度目標」確認でも道筋なき世界 COP26閉幕

(更新) [有料会員限定]

第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)は13日、石炭の段階的な削減などを盛り込んだ文書を採択し、閉幕した。気候変動対策の重要性で世界は一致しながら、化石燃料の扱いなど具体策になると溝が目立って調整は難航。パリ協定達成の道筋は描けなかった。既に化石燃料への投資は減速し、エネルギー価格が高騰する。現実を見据えながら脱炭素に取り組む覚悟が問われている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1974文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン