/

対ロシア制裁拡大で一致 G7が外相声明

ウクライナへの軍事的支援も継続

(更新)

【バイセンハウス(ドイツ北部)=塩崎健太郎、南毅郎】ドイツで開いた主要7カ国(G7)の外相会合が14日、閉幕した。公表した外相声明ではウクライナ侵攻を続けるロシアへの制裁を拡大し「経済的、政治的圧力をさらに増強させる」と明記した。

ウクライナへの武器提供など軍事・防衛支援について「必要な限り継続する」と盛り込んだ。

ロシアにはウクライナが農産物を輸出できるよう、港湾などインフラへの攻撃を直ちに停止するよう要求した。「食料安全保障の脅威につながっている」と非難した。食料危機に陥るのを避けるため、途上国などへの追加資金の供与も決めた。

対ロ制裁の具体策でロシア産の石炭や石油の輸入禁止に言及した。ロシアへのエネルギー依存を「可能な限り早期に低減および終了させる取り組みを速やかに進める」と確認した。天然ガスの輸入の是非には触れなかった。

同時に発表した共同声明では中国に制裁の効果を弱めるなどしてロシアを支援しないよう促した。議長国ドイツのベーアボック外相は閉幕後の記者会見で「このグローバル危機は長期戦になる」との見通しを示した。

G7の外相は会合で、モルドバなど避難民を受け入れている周辺国への支援の取り組みを加速させる必要性を唱えた。

インド太平洋地域を巡り、ウクライナ侵攻を機に力による一方的な現状変更が東アジアにも及びかねないとの懸念が出た。中国の軍備拡張やミサイル発射を繰り返す北朝鮮などを念頭に「欧州とインド太平洋の安保は不可分であり、G7として連携していく」との考えを表明した。

共同声明では北朝鮮について「弾道ミサイルの発射が続けられているのを強く非難する」と盛り込んだ。台湾問題にも触れ「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調し、両岸の問題の平和的解決を促す」と明記した。

新型コロナウイルス対策では「安全で品質が保証されたワクチンや治療薬に世界が公平にアクセスできるようにする」と再確認した。感染拡大が収まった後に経済活動を再開しやすい環境を整えるため、日本はインド太平洋地域を中心に最大1億ドルの支援を明らかにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン