/

この記事は会員限定です

台湾防空圏に中国軍56機 新政権、日本の安全どう守る

データが問う衆院選の争点

[有料会員限定]

衆院選(19日公示―31日投開票)は日本の防衛が問われる。争点は対中国、北朝鮮だ。日本周辺は近年、中国の軍機や船舶の活動が急増している。特に台湾は4日に最多の進入数を記録したばかり。緊迫度を増す安全保障環境への対応を示す必要がある。

自民党総裁選や衆院選が関心を呼ぶ間、海外は台湾に注目している。台湾が周辺空域に設定した防空識別圏に4日、延べ56機の中国軍機が進入した。近代型戦闘機「殲16」38機、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1761文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン