/

自民・石破氏、党首討論「残念だった」 

自民党の石破茂元幹事長は11日付の自身のブログで、9日の国会での党首討論を「残念なものだった」と評した。質問者は「とうとうと持論を展開すべきではない」、答弁者は「端的かつ分かりやすく述べるべきだ」とそれぞれ苦言を呈した。

菅義偉首相は9日、立憲民主党の枝野幸男代表ら野党4党首とそれぞれ一対一で論戦した。

石破氏は東京五輪・パラリンピックを開催する場合の対応にも触れた。来日する選手の行動管理や医師の確保について「詳しく国民に伝え、理解を得るべく不断の努力を重ねるべきだ」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン