/

この記事は会員限定です

なぜ3年ぶり日中首脳会談? 台湾など緊張、対話を維持

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

岸田文雄首相と中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が17日、訪問先のバンコクで会談する。対面の日中首脳会談は2019年12月以来およそ3年ぶり。日中は尖閣諸島(沖縄県)などを巡り対立する一方で経済の結びつきが深い。会談の背景や最近の日中関係について3つのポイントでまとめた。

・首脳会談、なぜ3年ぶりに?
・日中間の懸案は?
国際情勢がどう影響?

(1)首脳会談、なぜ3年ぶりに?

日中両政府は20年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1917文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

ニュースの意味や背景を理解するためのポイントをいちからわかりやすく解説し、その後の展開を見通します。欧米メディアでは「エクスプレイナー」と呼ばれる解説コンテンツです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません