/

この記事は会員限定です

解散から投開票まで17日 戦後最短の衆議院選挙

Political Number

(更新) [有料会員限定]

衆院が14日に解散された。衆院選の選挙運動期間が始まる公示が19日、投開票日は31日となる。解散から投開票までわずか17日だ。中曽根康弘首相が解散日程を定めた1983年の20日間を抜いて、解散に伴う衆院選で最も短くなる。

岸田文雄首相は「衆院議員の空白をできるだけ短くしなければいけないのは当然だ」と説明する。「思い切って新型コロナウイルス対策、経済対策をできないか。そういった思いから日程を決めた」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り803文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

Political Numberは原則隔週の水曜日に公開します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン