/

義援金保護の恒久法案、与党が了承

自民、公明両党は11日、国会内で与党政策責任者会議を開いた。災害の被災者が受け取る義援金を巡り、金融機関などによる差し押さえの禁止を恒久的な仕組みにする法案を了承した。今国会に議員立法で提出を目指す。

これまでは大きな災害のたびに義援金保護法を立法していた。一般法として制定し、国会閉会中でも機動的に対応する狙いがある。災害の規模の大小を問わず対象にする。

住宅ローンなどの債務を抱える被災者に自治体から交付された義援金が差し押さえられないようにして生活再建を支える。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません