/

連合・芳野会長、参院選は「非常に厳しい結果」

連合の芳野友子会長は11日の記者会見で、参院選の結果について「非常に厳しい結果になった」と語った。推薦した電機連合出身の比例代表候補が落選した。「状況をしっかり受けとめなければならず責任は重い。参院選の総括で議論する」とも述べた。

連合は比例代表で労働組合出身の候補9人、選挙区で立憲民主党や国民民主党などの候補者計46人を推薦し、それぞれ8人、14人が当選した。

芳野氏は両党の候補者調整が低調だったことに関し「本来ならひとつの塊になって戦えればよかった。非常に難しいと判断した」と説明した。「足腰が弱いことは結果に結びつく。地域の組織固めをしっかりやってほしい」とも指摘した。

連合は同日発表した清水秀行事務局長の談話で「政策実現や緊張感のある二大政党的体制の確立をめざす」と記した。芳野氏は会見で立民、国民民主両党とも参院選の結果を振りかえる考えを示した。

議席を伸ばした日本維新の会の位置づけは「総括の中で明らかにしたい」と話すにとどめた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

参議院選挙2022

2022年夏の参議院選挙(6月22日公示・7月10日投開票)は岸田文雄首相にとって事実上、初めて政権運営の実績が評価される場となりました。開票結果やニュース、解説などをお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン