/

安倍元首相に「大勲位菊花章頸飾」授与 戦後4人目

政府は11日の持ち回り閣議で、8日に67歳で死去した故安倍晋三元首相を従一位に叙すと決めた。日本の最高位の勲章にあたる大勲位菊花章頸飾(けいしょく)を贈る。

松野博一官房長官は授与の背景を「首相としての功績をはじめ、多年にわたる経歴、功績に鑑みた」と説明した。特に日米関係を基軸とした外交や経済、安全保障政策に尽力したことなどを挙げた。

大勲位菊花章頸飾を受章するのは吉田茂、佐藤栄作、中曽根康弘各氏に続いて4人目となる。現行憲法下での従一位も吉田、佐藤、中曽根各氏など首相経験者ら数人に限られる。大勲位菊花章頸飾は天皇陛下が身に着けられる最高の勲章だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません