/

「困ったときはお互いさま」 岸防衛相、ベトナムで講演

ベトナム国防省で講演する岸防衛相(12日、ハノイ市)=防衛省提供

岸信夫防衛相は12日、訪問先のベトナムの国防省で基調講演した。中国が南シナ海で軍事拠点化を進め「行動をエスカレートさせている」と指摘した。日本とベトナムの防衛協力の強化が必要だと訴え「困ったときはお互いさま」と話した。

海警局を準軍事組織に位置づける中国の海警法について「国際法との整合性の観点から問題がある規定を含む」と訴えた。「東シナ海と南シナ海をつなぐ位置に台湾がある」と述べ、台湾海峡の平和と安定の重要性を説明した。

「今や自衛隊は自由で開かれたインド太平洋の維持、強化のために貢献する存在となった」と力説した。ベトナム軍が「この地域の平和と安定を維持するうえで不可欠」だと言及し、能力強化を支援する意向を強調した。

ベトナムとの防衛協力を「新たな段階へと進化させる」と語った。11日に署名した防衛装備品・技術移転協定をもとに、装備品の輸出について協議を加速すると言明した。サイバー防衛能力の向上や医療分野の技術提供を促進する考えも示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン