/

この記事は会員限定です

防衛政策、効率重視の論戦を 笹川平和財団・渡部恒雄氏

衆院選争点を聞く

[有料会員限定]

国政選挙の期間に入ると外交や安全保障に関心が集まらなくなるのが世の常だ。有権者が身近な問題としてとらえられるよう、候補者の側も訴え方を工夫する必要がある。

防衛費の増額は財政の課題そのもので、国民の財布にかかわる話だ。日本を取り巻く安保の環境が悪化している現実を踏まえ、防衛力をどう効率的に高めていくかの議論が欠かせない。

北大西洋条約機構(NATO)は2024年までに加盟国の軍事費を国内総生産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り461文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン