/

大規模接種、受付業務など民間委託 防衛相

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
自衛隊による大規模接種センターの設営が進む「大手町合同庁舎3号館」(4月28日、東京都千代田区)

岸信夫防衛相は11日の記者会見で、国による新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場の運営に関し、業務の一部を民間企業に委託すると発表した。対象は民間看護師の派遣や受付、接種記録の管理などで、3社が計36億円で受注した。

民間看護師の確保は人材派遣業のキャリア(東京)と7.6億円で契約した。受付業務などは東京会場を日本旅行が19.4億円で、大阪会場を東武トップツアーズ(同)が9.6億円でそれぞれ受注した。

自衛隊は24日から東京都内と大阪府内の2カ所で大規模接種会場を設ける。岸氏は「民間の力を活用し、早期に接種できるよう取り組む」と述べた。

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン