/

日ロ、サケ・マス漁業交渉を開始 制裁強化で協議難航も

水産庁は11日、日本とロシア両国間で北海道沖でのサケとマスの漁業交渉を開始したと発表した。日本の排他的経済水域(EEZ)内での漁獲量などを協議する。4月10日に例年、漁を解禁しているが、ロシアによるウクライナ侵攻を受けて交渉開始が遅れ、出漁できないでいた。日本はロシアへの経済制裁を強める方針で、協議は難航する恐れがある。

協議は非公開で、11日からオンライン形式で始まった。終了日は未定という。日本からは水産庁、北海道庁、漁業団体の関係者らが参加。ロシアからは連邦漁業庁船団・港湾・国際協力局長や外務省の関係者らが出席した。松野博一官房長官は同日の記者会見で「日本の漁業活動に関わる権益の維持・確保のためだ。交渉に全力を尽くしたい」と語った。

日本のEEZ内とロシアのEEZ内の2つの水域について例年、協議している。2021年は3月29日~4月2日に両水域の漁獲上限を話し合い、日本水域ではカラフトマスやベニザケなどの上限を計2050トン、漁業協力金を2億6000万~約3億円の範囲で漁獲実績に応じて決めることで妥結した。日本水域で捕れるサケ・マスでも、ロシアの川で生まれているため漁業協力金を支払う必要がある。

水産庁は今回、ロシア水域の交渉に関しては日程を調整中だとした。日本水域での漁獲上限を先に協議し、漁業権益を確保すべきだと判断した。日本はロシアへの経済制裁を強める方針で、交渉が妥結するかは見通せない。

北海道根室市の市場関係者からは「市場にはロシア水域で捕れる魚も多く出回る。日本水域だけでは入荷量をあまり期待できない」と懸念する声が上がる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン