/

この記事は会員限定です

外為法、権限どこまで 東芝総会問題で問われる説明責任

(更新) [有料会員限定]

東芝の株主総会に経済産業省が介入した疑いが生じている問題は、政府が海外からの民間投資にどこまで関与できるのかという論点を浮かび上がらせた。外為法では国の安全保障の観点から必要と判断すれば投資を制限できる。梶山弘志経産相は東芝からの情報収集は外為法の運用の枠内との考えを示したが、東芝との関わりや法律の運用についてわかりやすく説明することも欠かせない。

東芝は量子暗号やインフラ関連の技術力では世界的に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1395文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン