/

首相「まず成長を目指すのが極めて重要」 代表質問

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

国会は11日午後の衆院本会議で岸田文雄首相の所信表明演説への各党代表質問に入った。首相は自身が掲げる「成長と分配の好循環」について「まず成長を目指すことが極めて重要だ。その実現に全力で取り組む」と主張した。立憲民主党の枝野幸男代表に対する答弁。

株式の配当や売買にかかる金融所得課税の見直しについては「選択肢の一つとして挙げてきた」と語った。「賃上げに向けた税制強化、下請け対策の強化などまずやるべきことがたくさんある。分配政策の優先順位が重要だ」と強調した。

「賃上げに積極的な企業へ支援強化」

労働分配率の向上のため「1千億円規模の賃上げに積極的な企業への支援の抜本的な強化を検討していく」と述べた。「国民の様々な意見を踏まえ、政府や与党の税制調査会などの場でご議論いただきたい」と言及した。

新型コロナウイルス対策を巡り「危機管理の要諦は最悪の事態を想定することだ」と指摘した。「新型コロナ病床が十分に稼働しなかったことなど、この夏の反省も踏まえ、近日中に全体像の骨格(の策定)を指示する」と説いた。

水際対策について「政府は必要な措置を講じてきたが、結果的には改善すべき点があったと考える」とも話した。

台湾問題に関しては「基本的な価値観を共有し、緊密な経済関係と人的往来を有する極めて重要なパートナーであり大切な友人だ」と唱えた。

枝野氏は岸田政権について「これまでの政治を否定することなく、その反省もなく、表紙を変えただけでは何も変わらない」と批判した。

「ロックダウンは日本になじまず」

自民党の甘利明幹事長は新型コロナ対策を強化する法整備を質問した。首相は「欧米諸国のような高額の罰金を科す厳しいロックダウン(都市封鎖)は日本になじまない」との認識を示した。「司令塔機能の強化や人流抑制など危機管理を抜本的に強化していく」と答弁した。

経済安全保障の担当相を新設した背景について「安全保障と経済を横断する領域で様々な問題が顕在化している」と説明した。「半導体などの生産拠点の国内立地を含む強靱(きょうじん)なサプライチェーン確保にしっかりと取り組む」と力説した。

憲法改正について「(衆参両院の)憲法審査会で与野党の枠を超え、これまで以上に活発な議論が行われることを期待する」と表明した。「様々な論点について国民の理解を深めるのは国会議員の責任ではないか」と呼びかけた。

「衆院選後、速やかに経済対策を決定」

立憲民主党の辻元清美副代表は衆参両院の予算委員会を開いて質疑に応じるよう改めて要求した。首相は予算委の開催には言及せず「衆院選後、速やかに経済対策を決定し、補正予算案を提出する」と話した。成立まで予備費を柔軟に活用する考えも示した。

首相は甘利氏の過去の金銭授受問題について問われ「調査報告書を見ていない。説明責任のあり方はそれぞれの政治家が自ら判断すべきだ」と述べるにとどめた。

カジノを含む統合型リゾート(IR)の是非に関し「今後、日本が観光先進国となる上で重要な取り組みだ」と強調した。国内外から観光客を呼び込めるとして「地域への経済効果が大きい」と評した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン