/

内閣支持率、3.1ポイント増54.1% 共同通信世論調査

共同通信社が第2次岸田改造内閣発足を受けて10、11両日に実施した全国緊急電話世論調査によると、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と自民党国会議員との関わりについて、自民や所属議員の「説明が不足している」との回答が89.5%に上った。

岸田内閣の支持率は54.1%。昨年10月の内閣発足以来最低となった7月30、31両日の前回調査から3.1ポイントの微増にとどまった。不支持率は28.2%だった。岸田文雄首相は内閣改造で政権浮揚を狙ったが、効果はわずかだった。

安倍晋三元首相の国葬に関し、敬意と弔意を国全体として表す国の公式行事として開催するのは適切だとする首相の説明に「納得できない」との回答は56.0%で、「納得できる」の42.5%を上回った。

政治家が旧統一教会や関連団体と関係を絶つべきかどうかを尋ねたところ「関係を絶つべきだ」が84.7%に上った。「関係を絶つ必要はない」は12.8%。

今回の内閣改造と自民党役員人事を「評価する」は44.0%で、「評価しない」の41.6%をわずかながら上回った。

物価高に対する首相の対応について尋ねると、「評価しない」が67.4%で、「評価する」の25.4%を大きく上回った。

首相が最も優先して取り組むべき課題についても「物価高対策を含む経済政策」が44.9%で最も多かった。「年金・医療・介護」が12.7%、「外交・安全保障」が11.8%で続いた。「憲法改正」は2.1%にとどまった。

政府の新型コロナウイルス対応については「評価する」が54.6%で、「評価しない」が42.7%だった。

政党支持率は自民党40.6%、立憲民主党10.2%、日本維新の会11.3%、公明党5.4%、共産党3.8%、国民民主党3.0%、れいわ新選組2.8%、社民党0.5%、NHK党0.7%、参政党1.6%。「支持する政党はない」とした無党派層は16.6%だった。〔共同〕

Twitterで最新情報を発信
政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン